やじブ
Amazon.co.jpロゴ

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

ブレーキとアクセル踏み間違い事故増加、年齢を問わず発生
(piko at 09/05 14:50)
[1/2ページ]
ブレーキとアクセル踏み間違い事故増加 県警「慌てず運転を」
(9月4日 05:00)

ブレーキを踏もうとしてアクセルを踏んでしまう-。そんな車の操作ミスによる交通事故が県内で増加傾向にある。今年1~7月では、前年同期比で17件増の73件の人身事故が発生。コンビニ店内に突っ込んだり人をはねて死亡事故になったケースも。なぜ2つのペダルを踏み間違ってしまうのか。県警はブレーキペダルの誤った踏み方や、ドライバーが駐車時に慌ててしまう点などを指摘している。

県警交通企画課によると、人身事故73件のうち、高齢者が運転していたケースは16件で全体の約22%。運転経験が浅い10、20代は計25件で約34%に上るが、全体では年齢を問わず事故が起きている。

同課が事故の要因として指摘するのは、ブレーキの誤った踏み方だ。「ブレーキペダルの右端を踏む癖がある人はペダルを踏み外したり、誤ってアクセルを踏んでしまうことがある」(同課)。

もうひとつは駐車場で慌ててしまう点だ。駐車時はブレーキとアクセルをこまめに踏み替えるため、同課は「ほかの車や歩行者など周囲の変化に慌ててしまい操作を誤りやすい」。また前進で駐車する際に進入速度が速い場合も危険だという。

同課は「常にブレーキペダルの中央部をしっかり踏めば事故は起きない。安全をよく確認し慌てずに運転してほしい」としている。

〔下野新聞より引用〕
全文:http://www.shimotsuke.co.jp/news/
tochigi/local/news/20090903/201243




関連

アクセルとブレーキの踏み間違い防止システムを発売

2009年6月5日

自動車部品やアクセサリーパーツなどを製造・販売するサン自動車工業は、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を未然に防ぐ新製品『エス・ドライブ誤発進防止システム・ワイヤー式スロットル
[6]次ページへ>>

コメント(0)
トラックバック(0)

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>
人気ブログランキングへ

このブログのトップ
Seesaaブログ