2011年04月19日

スマートフォンのバッテリを長持ちさせるポイント iPhone/Android


リコー、スマートフォンのバッテリ消費節約術を公開

http://news.livedoor.com/article/detail/5501058/
 リコーは19日、スマートフォンのバッテリを長持ちさせるポイントを公開した。画面の明るさなど、iPhone/Androidでそれぞれ具体的な設定や使用法を記している。
 基本的な節約ポイントは、iPhone/Androidともに、使用状況の統計/電池使用量の確認、設定の最適化、タスク管理となっている。同社は、使用状況の統計/電池使用量の確認の場合、iPhoneは「設定」→「一般」→「使用状況」画面、Androidは「設定」→「端末情報」→「電池使用量」画面へ移動し、まずは現状の把握を提案している。
 画面の明るさの場合、iPhoneは「明るさの自動調節」をオフにし、40〜50%程度に設定しバッテリ駆動時間を確認することを提案。Androidは「画面の明るさ」設定画面で40〜50%に設定し、かつ画面の自動回転もオフにすれば、更に電力消費が抑えられるとした。
 各種通信機能においては、iPhone/AndroidともにWi-FiとBluetoothのこまめなオフを推奨。また、iPhoneの場合はデータ取得方法のプッシュ/アプリケーションの通知/位置情報サービスなどをオフに、Androidの場合はGPS/GMS/バックグラウンドデータなどをオフにすると効果があるとした。 ニュースランキングの確認  
posted by piko at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年04月16日

原発推進学者、大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める



原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」

J-CASTニュース 4月16日(土)13時22分配信
 東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。
 「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。
■大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める
   「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」
 提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘している。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定していることがわかる。…

全文:http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20110416-00000003-jct-soci


  ニュースランキングの確認  
posted by piko at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年04月11日

福島第一原発は爆発するか?


全文はリンク先を参照してください。

・・・・・・・・・今の結論・・・・・・・

1. 不明な点は多いが、ほぼ爆発しない.

2. 万が一、爆発したときには最大で現在の10倍から100倍に及ぶ、でも可能性が低いので、あまり心配は要らない。

3. 近県の人は具体的な準備をしておき、東京および近郊の人は爆発してからでも脱出する余裕がある。(2,3日の間、あびても体へのダメージが起こるほどの量にはならないから.仙台や山形は普段から風の向きに注意。秋田、盛岡、群馬、新潟、長野、甲府、静岡はさらに余裕がある。)

(平成23年4月11日 午前10時)

〔武田邦彦 (中部大学)ブログより〕
全文:http://takedanet.com/2011/04/post_df3a.html


  ニュースランキングの確認  
posted by piko at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年04月04日

日本で公表されない放射性物質拡散予測、「公表すべきだった」…官房長官

20110404-199126-1-L.jpgbdcam_20110404_080604710.jpgbdcam_20110404_081102990.jpg

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測
読売新聞 4月4日(月)14時30分配信
 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日、明らかになった。
 ドイツやノルウェーなど欧州の一部の国の気象機関は日本の気象庁などの観測データに基づいて独自に予測し、放射性物質が拡散する様子を連日、天気予報サイトで公開している。日本政府が公開しないことについて内外の専門家からは批判が上がっており、政府の原発事故に関する情報開示の在り方が改めて問われている。
 気象庁の予測は、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。
 同庁では、東日本大震災当日の3月11日から毎日1〜2回、拡散予測を計算している。具体的には、IAEAから送られてきた放射性物質の放出開始時間や継続期間、どれくらいの高さまで上ったかを、風向きや天候など同庁の観測データを加えた上で、スーパーコンピューターに入力し、放射性物質の飛ぶ方向や広がりを予測している。
全文:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000603-yom-soci


気象庁拡散予測「公表すべきだった」…官房長官

読売新聞 4月4日(月)16時46分配信
 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が放射性物質の拡散予測を連日行いながら、公開していなかったことに関し、枝野官房長官は4日午後の記者会見で、「少なくとも隠す必要のない情報。誤解を生まない説明を付けて、公表すべきだった」と述べた。
 気象庁の予測は、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。
 同庁では、東日本大震災当日の3月11日から毎日1〜2回、拡散予測を計算している。
全文:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000746-yom-soci


画像は記事元とは別のサイトのものです。 ニュースランキングの確認  
posted by piko at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月25日

放射線情報関連サイト


・科学雑誌Newtonが特集「放射線」の冊子を無料で公開
http://www.newtonpress.co.jp/
・放射線科学センターによる「暮らしの中の放射線」
http://rcwww.kek.jp/kurasi/
・【今回の原発事故に関する医学的知識】東大医学部放射線科中川恵一先生
http://www.u-tokyo-rad.jp/data/twittertoudai2.pdf
・アメリカの物理学者の福島原発の放射能を理解する
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html
「福島原発の放射能を理解する」の翻訳へ頂いたコメント等につきまして
http://nojirimiho.exblog.jp/13171172/
・筑波大学の三明氏(原子核実験)の非物理学生向きの授業に用いているファイル
http://utkhii.px.tsukuba.ac.jp/reactor-benefit-risk.pdf
・放射能と放射線の違い/中部電力
http://www.chuden.co.jp/energy/nuclear/nuc_hosha/nuch_chigai/index.html
・東北地方太平洋沖地震に伴い発生した原子力発電所被害に関する放射能分野の基礎知識/独立行政法人放射線医学総合研究所
http://www.nirs.go.jp/information/info.php?i3
・【放射線被ばく電話相談窓口】/独立行政法人放射線医学総合研究所
http://www.nirs.go.jp/index.shtml
・放射能モニタリングデータについて/首相官邸
http://www.kantei.go.jp/saigai/monitoring/index.html
・全国の放射線モニタリング状況/文部科学省
http://www.mext.go.jp/
・放射線被ばくなどに関するQ&A Ver.3/社団法人日本医学放射線学会
http://www.radiology.jp/modules/news/article.php?storyid=911
・福島第一原子力発電所事故について よくある質問Q&A/財団法人放射線影響研究所
http://www.rerf.or.jp/fukushima_qa.pdf
・【福島原発における放射性被ばくの解説】/東京大学医学部附属病院放射線科放射線治療部門
http://www.u-tokyo-rad.jp/data/toudaivol4.pdf
・汚染と被ばくの違い(1)/緊急被ばく医療研修のホームページ・財団法人原子力安全研究協会
http://www.remnet.jp/index.html
・放射線の影響がわかる本/財団法人放射線影響協会
http://www.rea.or.jp/wakaruhon/mokuji.html
・【放射線】どんな種類がある? 人体への影響は?/Newton Press Web
http://www.newtonpress.co.jp/newton/radiation/html/radiation.html
・放射能Q&A/長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 原爆後障害医療研究施設
http://abomb.med.nagasaki-u.ac.jp/abdi/qa/index_j.html
・放射線障害に対する治療法/財団法人高度情報科学技術研究機構
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-03-05-01 ニュースランキングの確認  
posted by piko at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。