2011年04月29日

政府が示した年間20ミリ・シーベルト  「この数値を小学生などに求めることは許し難い」

東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応に当たるため、先月、内閣官房参与に任命された 小佐古敏荘(こさことしそう)・東大大学院教授は29日、国会内で記者会見し、「政府の対応は法に のっとっておらず、誰が決定したのかも明らかでなく、納得できない」として30日付で参与を辞任
することを明らかにした。
小佐古氏は29日夕、首相官邸を訪れ、菅首相あてに辞職届を提出、受理された。
その後、記者会見した小佐古氏は、辞任理由について、「今回の原子力災害で、官邸の対応はその場限りで 場当たり的だ。提言の多くが受け入れられなかった」と語った。
具体的には、政府が示した年間20ミリ・シーベルトという小学校の校庭の利用基準などを挙げ、 「この数値を小学生などに求めることは許し難い」と指摘した。

〔読売新聞 より〕
全文:http://www.yomiuri.co.jp/
politics/news/20110429-OYT1T00571.htm?from=top

ニュースランキングの確認  
posted by piko at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198429236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。